大津いじめアンケート 校長担任と中2先生を中心に隠蔽 先生リスト一部写真

大津市皇子山中学校のいじめアンケートを校長担任と中2先生を中心に隠蔽していたことが分かりました。先生リストの画像で一部の人間が分かっていますが、中2の先生が混じっているのかは不明です。内部告発などをせず、やり過ごしたこの10名の責任は重いのではないかと管理人は考えます。

皇子山中学校の教師全員で口裏あわせ


▲大津市立皇子山中学校の先生全員がいじめ隠蔽と判明
大津市で中学2年生の男子生徒が自●した問題で、自●の直後に学校がすべての教師を対象に調査したところ、男子生徒へのいじめを「認識していた」と答えた教師は1人もいなかったことがわかりました
▲大津いじめ 皇子山中学校先生が事件6日前の対策会議を隠蔽
大津市立中学2年の男子生徒(当時13)が自●した問題で、自●6日前の昨年10月5日、生徒がけんかをしたり他の生徒から「いじめを受けている」という情報が教師に2度寄せられたりしたことを受け、担任らが対応策を考える会議を開いていたことがわかった。 

アンケートを知っていた教員は少なくとも10名



2012年7月18日13時13分 

 大津市の中学2年の男子生徒(当時13)が昨年10月に自●した問題で、男子生徒が通っていた市立中学校が自●後に実施したいじめに関するアンケートの集計結果について、約60人いる教職員のうち約10人しか知らされていなかったことがわかった。職員会議のような場で共有されることもなかったという。

アンケートの集計結果について少なくとも10人が知っていたということが判明しました。職員会議のような場で共有されなかったとはありますが、実際は世間話などでより多くの人数が知っていたのではないかと管理人は思います。

言える事は、少なくとも皇子山中学校の先生のうち亡くなった男子生徒の学年を中心とした 10人は、内部告発などで伝えるチャンスがあったのに何も行動をしてこなかったということですね。

他学年には『ほとんど』しらされていない

他学年にも知っている教師がいる

 アンケートは生徒が自●した後の昨年10月と11月の2回、全校生徒約860人を対象に実施された。大津市教委によると、アンケート結果の全体を把握していたのは、校長や教頭のほか当時の2年生の担任ら約10人で、他学年にはほとんど知らされていなかったという。

 また、学校や市教委に寄せられた抗議・苦情などの件数は17日夜までに1万件を超えた。内訳はメールが6155件、電話は4791件。
○校長

○教頭

○担任

○約9名の教師

○他学年には、ほとんど知らされていなかった

亡くなった被害者の学年である中学2年生の教員を中心に隠蔽していますが、上記の文章ですと、他の学年の教師も何かしらの情報は得ていたという事になります。

アンケート結果は既に流出

アンケートについては、下記をご参照
大津いじめアンケート画像と流出画像が一致 木村 山田 小綱以外の加害者名が浮上

教師の名前は一部判明


▲大津いじめ 皇子山中学校先生名前と転出先 森山進担任以外に10名

広道丈人 日吉中学校

芝﨑智康 堅田中学校

床枝亮 北大路中学校

大西通子 青山中学校

鳥居みかげ 田上中学校

森下直子 研修派遣

島本純江 仰木中学校

西田諭史 打出中学校

土屋知代 打出中学校

上田純子 退職
管理人の下には、上記教師の一部に、本件を伝えた所、動揺して言い訳していたという話を聞きました。既に何事もなかったかのように、授業を行っているとの事。それでいいのでしょうか?

関連記事・:


0 件のコメント:

最近の記事も是非どうぞ