橋下市長不倫 愛人職業コスプレ趣味いつの時期か週刊文春報道

橋下市長が不倫を認めました。愛人の職業とコスプレ趣味について週刊文春が記事にしています。大阪の行政や維新の会にどういった影響を与えていくのか注目していきたいと思います。

娘に制服を着ろと言えなくなった


2012.7.19 05:04


 大阪市の橋下徹市長(43)は18日、19日発売の「週刊文春」に元愛人とされる女性の独占告白が掲載されることを受けて市庁舎で会見した。かつては報道をめぐり「バカ文春」とののしったが、今回は「バカは付けられない」と敗北宣言。女性から指摘された「コスプレ好き」については、認めた上で「娘に制服を着ろと言えなくなった」と自虐的に語った。
橋下市長が週刊文春で愛人報道されました。発売日が19日で記者会見が18日ということは、あらかじめ報道しますよと話があったのでしょう。


過激な発言で知られますが、分が悪いと判断したのがすぐに認めているようです。コスプレ好きも認めていますが、確かにお子さんに制服を着ろとは言えないですね。

奥さんも記事を見ている


いつもの橋下節はサク裂しなかった。


 「妻は記事を見ています。正直大変な状況です。もう本当に」

やはりあらかじめ、送られていたようですね。
そりゃぁ怒りますよね。



ホステスの告白記事

 汗をかきながらの説明。橋下氏を窮地に立たせたのは、「大阪の元愛人だけが知っている 橋下徹大阪市長はスチュワーデス姿の私を抱いた!」との見出しを掲げた週刊文春の報道。橋下氏が茶髪タレント弁護士時代の2006年、不倫関係にあったという当時20代後半で大阪・北新地の高級クラブホステスの告白記事だ。

「大阪の元愛人だけが知っている 橋下徹大阪市長はスチュワーデス姿の私を抱いた!」見出しはこれのようです。かなりインパクトありますよね。奥さん怒っただろうなぁ・・・

○2006年 弁護士時代

○2007年7月頃 この頃まで不倫関係が続く(文末記事)

○2008年1月知事選 その半年前に関係は消滅(文末記事)

○20代後半

○北新地(梅田、JRの大阪駅から少しあるいた所です)

○高級クラブホステス

○性癖はコスプレ


記事を見ての記者会見 知事就任前

 退庁前に廊下で行う通常の会見後、10歩ほど移動し、報道について会見。最初に否定か肯定かを突きつけられると「今回は週刊文春にバカはちょっと付けられない」と白旗をあげた。


 「事実と事実でない部分がある」としたうえで、「知事になる前までは、聖人君子のような生き方をしていたわけではない」と弁明。「公人になる前でも、僕自身の人間性を判断する要素として報じられてしまうのは仕方がない」と開き直った。

すぐに認めたようですね。
弁護士時代に鍛え上げられた弁論があっても認めたということは、相当分が悪いと判断したということですね。

不倫は知事就任前とのことですが、不倫はダメでしょう。事実と異なる部分については気になりまが、不倫関係にあったことは認めていますね。

妻に説明しないと


 事実でない部分については「先に妻に説明しないと」と苦笑いを浮かべ言葉を濁したが、事実上の“敗北宣言”だ。

怖いだろうなぁ・・・
そりゃぁ怒ってますよね。


AKB48の指原さんを例えて

 約1カ月前、週刊文春の元カレ報道で同様に釈明した人気アイドル集団、AKB48の指原莉乃(19)とダブる。指原はHKT48へ“ペナルティー移籍”したが、橋下氏は「僕はものすごいペナルティーが家で待っています。指原さんは福岡でまた活躍できるでしょうが、僕は家をどうするか。ここ(市庁舎)でずっと泊まり込んでやるのもいいかも」とシュン。

橋下さんが指原さんを例にあげています。

家でのペナルティーがあるので、大阪市庁舎の泊り込みを検討しているとの事。管理人が思うのは、むしろ早く帰って奥さんにお詫びしたほうがよいかと思います。

子供は明るく振舞っているとのことだが

 記事で指摘された通りのコスプレ好きかどうかは「弁護士時代にテレビで言っていた」と説明し認めた。3男4女の父だが「娘に制服を着ろと言えなくなった」といい「今回は親のポカ。子供たちは今のところ明るく振る舞ってくれているから心強い。思いっきり迷惑をかけてしまった」とザンゲ。最後まで反省しきりだった。
お子様は明るく振舞ってくれているとのこと。いいお子さんですね。

肉体関係もあった



○文春によると、橋下氏がタレント弁護士として活躍していた06年、北新地の高級クラブでホステスと意気投合。メールのやり取りからデートを重ね、複数回の肉体関係に発展した。08年1月の大阪府知事選に立候補する半年ほど前、関係は自然消滅したという。

○ホステスは同誌で、橋下氏が兵庫県伊丹市のラブホテルを好んで利用し、客室乗務員やOLのコスプレをリクエストした性癖まで暴露。橋下氏はこの点について問われると「娘に制服を着ろと言えなくなっちゃいますよ。私服で学校行ってるんですけどね」と、苦悶(くもん)の表情を浮かべた。
上記は、別の報道。肉体関係に発展と、肉体関係があったことが明確に記されています。
性癖については、TVで言っていたと橋下氏は言っています。


好んで使っていたホテルまで暴露とは生々しいですね。

管理人がふと思ったのは、水商売でお客さんの情報を暴露するのはどうなのかなぁと。この業界、全体にどの程度の影響を及ぼすものなのでしょうか?相手のホステスが結婚していなければ不倫ですので、橋下徹大阪市長がこのホステスを訴えることもできるでしょうが、どうするのでしょうかね。

関連記事・:


2 件のコメント:

通りがけ さんのコメント...

>本当に地位協定の破棄が可能なのでしょうか。
>投稿者 彼岸花 : 2012年7月16日 16:51>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/07/post_2153.html
(「あれから26年、いつまでも隠せない ~日航ジャンボ123便、墜落の真相」Goodbye! よらしむべし、知らしむべからずさま)

地位協定は米国軍法の交戦中敵国占領統治規定です。日本は米国とすでに講和条約を結んでおり米軍によって敵国と認定されるいわれはかけらもない。治外法権地位協定は戦争中毒米軍が日本へ一方的に仕掛けた極悪な言いがかりに過ぎません。テロとの戦いではテロリストとはいかなる条件交渉も行ってはならないのです。
地位協定程度のチンピラの恥知らずな言いがかりなど地球最優秀の日本人が即時破棄できなくてどうしますか。

ふじふじのフィルターさまへ書いたものをこちらへも貼らせてください。

>さて中部電力課長の大失態がありました。

>大事件1 中部電力課長の発言から一夜
>>http://takedanet.com/2012/07/post_7815.html

この期に及んでまだ電力会社は原発稼働を絶対命題にしています。日本に原発ができて以来日本最大の利権と化した原発事業で彼らが国民から盗んで儲けた金額は優に日本の国家予算の十数倍を上回る巨額でしょうに、彼らはまだ盗み足りないのでしょうか。

そうではありません。じつは彼ら自身が盗んで儲けてきた巨額のうちほんの一部しか手に入れていないのです。盗まれたほとんどは米軍へ密かに横流しされユダ金米軍は思いやり予算と防衛予算とその横流しの巨額を使って海外の米軍に戦争をさせているのです。平和憲法国家国民である我々の税金が地位協定真理教スパイ政府によって世界中で米軍に人殺しを続けさせるために間断なくつぎ込まれつづけてきているのです。

戦争と原発は人災の極致であり、日米地位協定はその二つの極致人災の甚大至極な被害を世界中の人々へ及ぼしているのです。平和憲法国家日本の和をもって貴しとする国民がこの世界平和の宿敵日米地位協定をこれ以上一瞬たりとも寸土といえどもこの世に存在させていいはずがありません。

いま戦争の狂犬米軍は自殺兵器オスプレイを日本へ持ち込んで日本殲滅計画の総仕上げを急いでおります。彼らも焦っているのでしょうが、オスプレイを日本へ持ち込んでおいてシリアや南スーダンで自衛隊に戦闘行為をさせ軍事国家へ実質的に変貌させてしまえば、彼らの目論見通りあとは日本を煮て食おうが焼いて食おうがユダ金の思いのままになるというのは本当です。

日本の政治家モドキどもにはこの危機に対して有効な手を打てる有能者は一人もいません。小沢も無能です。8月か9月に選挙?そのころには日本国は消滅しているでしょう。小沢はアメリカの命令通り政局を演出してしかも菅野田棄民テロ犯罪者内閣を延命させ続け、その間米軍の作戦行動を隠蔽している猿芝居スパイの一人に過ぎません。これまでの小沢の政治行動を見れば常にその方向で活動していることは火を見るより明らかです。池田整治氏くらいしかいないかな?仙波敏郎氏とタッグを組めば秋山兄弟に匹敵する合力が出せますが。

自立独立国民は直ちに官邸に逃げ隠れる殺人豚を逮捕してユダ豚スパイ内閣を総辞職させ全員投獄しましょう。
地位協定破棄は独立を懸けて憲法に定める国民主権の直接行使である国民投票で決すればよい。
選挙は時間と金の無駄遣い、日本人の伝統大和魂の浪費に過ぎないのですから。<

Portirland さんのコメント...

>通りがけさん。
日米地位協定は、確か空港港湾を自由に使えますので、まさしく治外法権と思います。

早くやめたらいいのに、アメリカ政府は何を恐れているのでしょうかね?特権を手放したくないというのがあるのでしょうか。

電力会社については、ほんと懲りないですよね。総括原価方式かつ独占企業なので利益は保障されてるから、いい加減に手をひけよって思います。

最近の記事も是非どうぞ