黒木瞳娘萌子いじめ 青山学院中等部保護者説明会 学校内で援助交際や脱法ハーブの噂も

黒木瞳の娘、萌子のいじめが、青山学院中等部で表面化しています。保護者に不安が広がっていますが、その背景には学校内で援助交際や脱法ハーブの噂が流れていることなどもあるようです。

公立学校を不安視して、私立学校にご子息を受験させる保護者も多いと思います。経済力の格差が犯罪に結びつく可能性も示唆されており、デメリットも大きいようですね。


保護者説明会開催




 夏休みも真っただ中の8月下旬、突如浮かび上がった都内名門中学の女子生徒イジメ問題。その加害者が大物女優の娘だとの情報も流れたこの事件は、沈静化するどころか、ついには2学期早々の保護者説明会が開かれるまでに至った。

事件概要が下記です。
詳細が気になる方は、下記リンクをご参照。

▲黒木瞳娘が青山学院いじめ 子供の名前と犯罪が酷すぎる 学校買収で被害者も停学処分 2012/08/24


○伊●地萌子 黒木瞳(本名 伊知地 昭子)の娘 父親は電通社員

青山学院中等部で男子を2万円(学校は3万円と示唆)で買収 犯罪依頼

○女子をレイ○しろと指示 犯行を動画で撮影

○首謀者の伊●地萌子は停学処分のみ 実行犯は退学 被害者もなぜか停学

○伊●地萌子は、寄付金と両親の懇願で停学どまり

○青山学院初等部時代は、いじめられていた


青山学院中等部(中学校)がいじめの教唆を示唆



 保護者たちの動揺を察した学校側は、新学期早々の今月7日、再び説明会を開催した。しかし、その内容は前回同様、保護者を安心させるものではなかった。
(中略)
実は父兄の間では『首謀者の女子生徒たちが男子生徒に2万円を払ってA子さんをイジメさせた』という話が出回っているのです。学校側は『そんなことはなかった』と否定していましたが、説明では『3万円で‥‥』と妙にリアルな数字の食い違いもあり、どこまで信じていいのやら」

1回目の保護者会で、学校側が現金の授受について示唆しています。

管理人は、極めて重要であると考えています。


▲黒木瞳子供いじめ犯罪名は強●罪か 娘は停学処分のみ 2012/08/24
定義上、強○の被害者は常に女性であるが、加害者は必ずしも男性に限らない。例えば女性が男性と共謀して被害者を押さえつけたり(共同正犯)、女性が別の女性を○姦するよう男性に依頼した場合(教唆犯)などがある。
青山学院は犯罪と認めたと、言い換えることができるのではないでしょうか。


被害者家族の抗議で事件が明るみに


 A子さんがこの出来事を両親に打ち明け、激怒した両親が学校に猛抗議したことで事態が明るみに出た。
「内容の悪質さもさることながら、首謀者格の一人が大物女優の娘だったこともあって、校内にもすぐに話が広がった」(学院関係者)

この事件ですが、今回は保護者の抗議で明るみに出たようですが、青山学院は体質的に問題があると示唆れています。

▲エスカレーターで入学したお金持ちと、サラリーマンで階級差が校内に存在すると示唆されています。

学校の対応の悪さについては、山本与志春理事長(校長)のスカートめくりの延長線上という発言に集約されているように管理人は感じます。

▲青山学院いじめの犯人は黒木瞳子供 校長が隠蔽工作 『スカートめくりの延長』 2012/09/06

学校のトップが、『好きな女の子のスカートめくりの延長線上』という発言をする位ですから、保護者が不安になるのも当然かと思います。

保護者が不安になる原因 脱法ハーブに売春


 保護者がここまで不安がるのは、学校の隠蔽体質もさることながら、最近の校内の雰囲気にも原因があるという。別の保護者が声を潜めてこう話す。
「初等部出身者の中に、最近社会問題にもなっている脱法ハーブを常習している生徒がいるという噂があるんです。『休み時間明けに教室に戻ってくると、変な匂いをさせて、目がトロンとした子がいる』と両親に打ち明ける生徒もいるそうです」

変な匂いというのが気になります。


常習性がある薬物を使っている噂がでているのであれば、尿検査を行うなど、学校は潔白を証明すべきではないでしょうか?


一部の女子生徒で、売春に手を染めている子がいるという話も。こちらは中等部からの入学者。裕福な家庭の子がほとんどの初等部に比べて、中等部からの生徒たちは普通の家庭出身者が多い。小遣いの額も当然違う。裕福な初等部出身者たちとつきあう小遣いを捻出するために、軽い気持ちで援助交際をしているというんです」(前出・別の保護者)

▲入学者の経済力が二極化していることが示唆されています。

その事が、犯罪の入り口になっている可能性もあるようですね。
管理人は、こういった視点はなかったので驚きました。

私立学校は、いろいろな人と知り合えることが1つのメリットと考えていましたが、無理して、私立に通わせるメリットは薄いのかもしれないですね。

寄付金で隠蔽工作 お金で解決

「学校側は、イジメを指示した女子生徒たちにも退学を勧めたのですが、彼女たちが“A子さんと話をしようとトイレで待ち合わせただけ”と主張したため停学にとどめたというのです。でも、話をしただけで停学なんてありえませんよね。それに、実は多額の寄付金で手を打ったという話は保護者に知れ渡っています。何でもあのお母様は、3本(3000万円)だと聞きました」(前出・出席者)
▲青山学院大学は、財テクで57億円の損失を計上。

57億円も損をだしていますから、献金の効果は尚更ありそうですね。私立は商売ですので。

▲青山学院寄付金の金額 黒木瞳娘いじめ隠蔽の値段がすごすぎる 2012/09/15

毎年5000万円寄付+いじめ隠蔽3000万円との話がありましたが、アサヒ芸能でも『いじめ隠蔽3000万円』について報道されています。

お金で揉み消そうとしていたことは、間違いなさそうですね。
今回の事件は、明るみにでましたが、公立中学校だけでなく私立中学校も問題が多そうですね。

関連記事・:


0 件のコメント:

最近の記事も是非どうぞ