蓮舫と枝野 事業仕分けで福一の費用をカット 原発停止の可能性あり

こういうのを見ると、事業仕分けとは何だったのでしょうかね?復活した項目も多いですし、パフォーマンス以上の、成果を挙げなかったのでしょう。

枝野氏・蓮舫氏の、キャリアのいい踏み台になったのでしょうね。福島原発の運転延長許可を2月に出した菅政権ですが、その後、すぐに爆発です。

<タイトル変更>
(資料)福島第一原発1号機のメンテナンス費用は、民主党の事業仕分けでカット。仕分け人、枝野幸男(現 経済産業大臣)、蓮舫。

枝野幸男

蓮舫 (レンホウ )


枝野幸男Wiki
2010年10月、内閣府に設置された行政刷新会議の事業仕分けチームの統括役を行政刷新担当大臣の仙谷由人から任命され、事業仕分けでは、予算の編成過程を公開することで国民の注目を集め、鳩山内閣の支持率を下支えした[29]。この仕分けでは原子力施設等防災対策等委託費、原子力施設等防災対策等交付金等の仕分けを行った[30]。

上記で、原子力関係の予算がカットされていることが述べられています。

爆発した原発が、1基減るだけでも人間や機材を別のものに、充てられる上に収束作業の時間を稼ぐことができます。住民の被曝量も減らすことができたでしょう。

福島第一原発1号機、メンテナンス入りしてれば2011/03/28 06:51 予備

(中略)
この福島第一原発1号機は麻生政権時代に、IAEAから世界でもっとも古い原発の一つだしメンテナンスしたらどうかと警告された。

そこで麻生政権はメンテナンス費用を21年度予算に盛り込んだ。

ところが、ご存じん09年マスコミご推奨(余計かな)の民主党政権が誕生した。

ことあるごとに取り上げてるんで、もう飽きただろうが、民主党のバラマキ政策の財源漁りで、麻生政権がこのメンテナンス費用組み込んで執行中の予算を民主党政権は有無も言わせずばっさり廃止、残っていた補正予算額などをそっくりバラマキ政策に振り替えてしまった。

その中に、この福島第一原発1号機メンテナンス費用も含まれていた。

原発防災対策費削減をしたのは、民主党が肝いりで行った例の事業仕分けのパフォーマンス。

原発1号機メンテナンスの予算は、すでに民主党政権誕生と同時になくなり、安全防災の予算も、この事業仕分けでバッサリ削減した、それを指揮監督したのは当時の枝野行政刷新担当大臣(現官房長官その人)、そして震災で急遽、節電担当大臣に就任した蓮舫の事業仕訳必○人。
>事業仕分け第三弾
http://www.cao.go.jp/sasshin/shiwake3/details/2010-10-29.html

早い話、メンテナンスに入っていれば、この原発は停止していて津波襲来時稼働していなかったかもしれない。

以下は当時の事がわかる記事や資料
>2年前にIAEAが警告か 米公電を基に英紙報道
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110316/dst11031622470108-n1.htm
>平成21年度一般会計予算
http://www.bb.mof.go.jp/server/2009/dlpdf/DL200911001.pdf
平成21年度一般会計予算に原子力安全対策費として福島第一原発1号機の予算が計上されている。

ところが驚くなかれ、寿命が来ていると言われていたこの福島第一原発1号機の使用を、メンテナンスはしない、IAEAの勧告など無視して、菅内閣は今年2月に使用延長を承認しているんだ。

>東電福島原発1号機、40年超の運転認可=経産省
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201102/2011020700679


上記を踏まえると、事業仕分けとは何だったのかなと思います。
ただの仕分け人の売名行為だったのでしょう。

1号機が最初に爆発してましたので、もしもメンテナンスで停止していれば、現場の作業が容易になっていたことが、あくまでも「もしも」ですが、想像してしまいます。

福島第一原子力発電所事故Wiki


3月12日午後3時36分に1号機は水素爆発

その後ベントが行われ、菅政権の隠蔽により子供が大量被曝をすることになります。

(動画2本)福島の子供の甲状腺に半端ない異常が起きてる件。大量被曝が防げたことについて、森まさ子氏が国会で追及しているので是非見て下さい。

7:00~



YouTubeでの注目度が低いので15分以内にまとめてアップしました。加工前の全編をご覧になりたい方はリンク先の動画をどうぞ。↓
元データ
H23/06/03 参院予算委・森まさこ(自民)【拡散 /許すな!菅の大罪】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14636322

菅が福島に視察に行った時、ヘリは放射線の影響を受けない方向から福島に向かっていたことが分かっている。SPEEDIのデータを隠ぺいしたのは、あきらかに官邸だ。少な­くともSPEEDIのデータは13日にFAXで送られていた。それがバレると枝野と菅がSPEEDIの件を知らなかった、データは届いていないと嘘をつく。責任逃れにも­程がある。それを必死で擁護し官邸の責任を追及しないマスコミも同罪だ。

風で放射性物質が拡散する事を隠し、同心円状に拡散する事を前提とした避難勧告を出し続け、放射線の影響を最も受ける地域に住民を移動させ大量に被曝させた。

防災基本計画を守り、SPEEDIのデータを参考に住民を適切に避難させていたら、浪江町や飯館村の住民の被曝と風評被害を最小限に食い止める事ができたはず。
これらの責任を取ろうとしない無責任内閣をこのまま許してはならない。

関連記事・:


2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

フクシマ第一原発については、地元の住民は老朽化が激しいから、即廃炉にするように、書名活動も活発にされていたようで、残念ながら、マスコミには全く取り上げられず、その不安は的中し、今回の事故になってしまったようです、

Portirland さんのコメント...

>匿名さん。
情報深謝。

佐藤さんの国策操作と言い、原子力マフィアに上手いことやられたのでしょうね。

マスゴミの腐り方が酷すぎです。

最近の記事も是非どうぞ