ウイルス事件 横浜で杜撰な捜査 新たな被害者の可能性も

大阪府警を始め、警察のウイルス冤罪事件ですが、新たに被害者がでる可能性のある捜査の仕方を横浜でしています。警察・マスコミ・弁護士・評論家もExif(位置情報)の偽装が可能なことについて、よく分かっていない可能性があります。これでは、誰もが被害者になる可能性がありますね。


事件概略

この事件は、アニメ演出家の北村真咲氏を大阪府警が誤認逮捕したことが話題となりました。その後、他にも多数の被害者が判明。大学を辞めることになった大学生がいることも判明しており、警察に非難が殺到しました。

管理人は、北村真咲氏の冤罪事件と不当報道の原因は、警察とマスコミに原因があると考えています。北村真咲氏の冤罪事件、検察は『立件は空気』で行ったと語っていた事を考えると、横浜(おそらく神奈川県警)の捜査もぞっとするものがあります。

弁護士(元検察官)と評論家


元の画像につけられていたExifデータには、位置情報が掲載されていましたね。「神奈川新聞」といい、少し時間をおいた後に場所を特定させたいということなのかと。今回は、海外サーバーを経由していないかもしれませんね。ともあれ、とどまってほしいです。
とどまって欲しいというのは、犯人がほのめかした自殺についてですね。

この段階で気付くのは、Exifデータの偽装の事について、何も疑っていなさそうに見えますね。
では、マスコミを見てみましょう。

産経新聞と警察

少し見えにくいですが。この記事、事件のランキング1位になっていますね。
見出しは、画像から位置情報特定となっています。
捜査関係者によると、画像は13日付の神奈川新聞の上に人形が置かれ、周りをパソコン用のケーブルで囲われているもので、位置情報から撮影場所が特定されたという。
これは警察のリーク記事なのだろうと思うのですが、産経新聞もExifについて、何も分かっていなかったということですね。

この段階で、Exif偽装について何も触れられていません。

神奈川県警の捜査の仕方

画像の撮影地として全地球測位システム(GPS)で位置情報が特定されたのは同区内の団地の一棟。周囲に学校や公園などがある住宅地で、早朝から捜査員が一世帯ずつ訪問して聞き込みを開始した。 
「パソコン持ってますか」「引きこもりみたいな人知りませんか」
捜査員らは家族構成なども確認。特定された棟だけでなく、周辺の棟にも範囲を広げて聞き込みは夜まで続けられたが、「真犯人」につながる手がかりは得られなかった。
神奈川県警の捜査は、空ぶったのでしょうか。真犯人が捕まればいいですね。

正午頃の記事と違って、警察幹部の話が付け加えられていますね。捜査空振りか指摘に焦ったのでしょうかね。

NHKの報道


警察、マスコミ(産経新聞)、弁護士(元検察官)、評論家、彼らを特に批判するつもりはないです。問題だと思うのは、当初、Exif(位置情報)が書き換えできると知らなかった可能性がありますね。

今回の件で分かったのは、Exif(位置情報)を偽装されて、他人が逮捕される可能性があると分かったことです。だとすると、住所ですら秘匿する必要がでてきたということでしょうか。逮捕されたら、「自白を強要」されて、「空気で立件」されるわけですから。

関連記事・:


2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

神奈川県警と言えば、最近起こったストーカー殺人事件(犯人は自殺)の失態を起こした逗子署が頭に浮かびます。
スターカーを行っていた加害者に、被害者の名前(結婚で苗字が変わっていた)を2度も読み聞かせたというありえない話ですが、私の住む福岡県も警察関係者の犯罪や失態が絶えません。
身内に甘い組織ですが、それでも今年の福岡県警の逮捕者が4人です。
よっぽどの事件でなければ逮捕にはなりませんので、事件というレベルで言えば相当の数だと思います。
最近も、酒に酔った非番の警官が、コンビニで中学生に暴行するという事件がありましたが、停職3か月の軽い処分後に依願退職しました。
見本となるべき警察が、甘々の処分では示しがつきません。

Portirland さんのコメント...

>匿名さん。
こんばんは^^
なんかもー、警察は酷いですね。

ストーカー殺人の件も、仰るとおり、無理に名前読み上げる必要もないでしょうし。

コンビニで中学生に暴行ですか(==;)何とも酷い話ですね。

最近の記事も是非どうぞ