吉田所長 東電本店にも撤退すると一言も言っていない 動画文字起こし

吉田前所長が(タイトルは敬称で吉田所長) 、東京電力本店は撤退すると一言も言っていないと極めて重要な証言をしているので、その動画文字起こし。菅首相が東電本店に乗り込んで撤退を止めたという話がありましたが、菅直人氏は、誰から撤退の話を聞いていたのでしょうか。

(タイトル変更前)吉田所長 東電本店撤退すると一言も言っていない 動画文字起こし
管理人、テロップにつられていました。申し訳ありません。ご指摘深謝。タイトル訂正します

追記 8月11日に福島にてビデオ上映
▲吉田所長生存 福島原発作業員に感謝の念2012/07/24
東京電力福島第1原発事故で収束作業の陣頭指揮を執り、食道がん療養のため昨年12月に退任した吉田昌郎前所長が、復興をテーマに福島市で来月開かれる出版社主催のシンポジウムに、ビデオ出演することが24日分かった。
追記)7月に報道されていた、8月に上映されると話のあった、ビデオが上映されました。

東京電力福島第一原発吉田前所長 当時の様子を語る

 原発事故の現場で陣頭指揮にあたった福島第一原発の前所長・吉田昌郎さんが当時の様子を語った映像が公開されました。

菅総理が撤退を止めたという話は何だったのか?

吉田前所長「本店にも撤退と一言も言っていませんし、私も思ってもいなかったです」 

 この映像は、病気療養中の吉田さんと、福島第一原発でメンタルケアを行う男性との対談を先月撮影したもので、福島の復興を考えるイベントで公開されました。
※管理人のタイトルミスとともに、TV局側のテロップのミスの箇所です。誤読しないように、ご留意下さい。『本店も撤退』ではなく、『本店にも撤退』です。意味が大きく変わりますのでご留意下さい。

福一現場も撤退と言っていない

吉田昌郎前所長「本店と官邸の間で撤退騒ぎが起こっているんですけれども。現場は一言も撤退すると言っていません」

現場作業員に感謝

吉田昌郎前所長「現場に大変な放射能、放射線があるなかで、現場に何回も行ってくれた」

撤収の考えなかった 命懸けの同僚に感謝

 吉田さんは撤退の考えはなかったと明言したうえで、命懸けで作業にあたった同僚に感謝を表しました。

映像 報道



菅総理が本店に言ったのは何だったのか?

▲東電テレビ会議動画の録画公開 菅直人元首相の叱責シーン画像抽出2012/08/06

○福島オフサイトセンター

○本店非常災害対策室

○福一免震重要棟緊急対策本部(少し画像が読み取りにくいので他のシーンから推測)

○柏崎刈羽 原発 免震棟技術支援C

○福二免震重要棟緊急対策本部(少し画像が読み取りにくいので他のシーンから推測)

詳細は上記リンクをご参照。管理人が動画から割り出した所、上記5つが少なくとも拘束されていたことが分かります。かなりの人数及び、各部署の幹部が菅元首相の来社時に拘束されています。

閣僚や側近などの誰が情報を伝えたのか

吉田所長の証言が事実であるならば、菅元首相が東電の撤退を食い止めた真偽はどうなのでしょうか。多数の人間が拘束され、貴重な時間を使っています。菅元首相は、東電撤退の話を、いつ・どこで・誰から・どういった情報を聞き、判断したのか。その点が極めて重要になります。

関連記事・:


2 件のコメント:

Joutarou Zin さんのコメント...

4枚目の画像のインタビューアーは、野田総理の選挙参謀を務めた腹心の人物です。
このインタビューを含めて、彼がどのような経緯で報道陣も入れず、カウンセリングの資格など持ってもいない人物が何度にもわたって入り込んで、インタビューなど重ねられたのか不審すぎます。
詳細は、小生のブログを参照ください。
福島第1原発・吉田前所長のインタビュービデオの疑惑
http://mousou-meisou.blogspot.jp/2012/07/blog-post.html

Portirland さんのコメント...

Joutarou Zinさん。
こんばんは。確かに怪しいですね。
うーん、、、この人が選ばれた経緯も確かに気になるところ。

全ての情報開示が必須ですよね。
特に東電の録画ビデオ!

最近の記事も是非どうぞ