倉本聰 『原発事故は天罰』 北の国から脚本家

北の国から脚本家の倉本聰が、子供向けの新聞に、「原発事故が発生した時は、『ついに天罰が来たか』と思いました」とあります。被災者が何か悪い事をしたと言いたいのでしょうか?韓国人記者や石原都知事と変わらないですね。


北海道でパレードをしたようですが、天罰という思いがあったようですね。

脚本家の倉本氏が子供にメッセージ


毎日小学生新聞 2012年10月20日
北海道のへそ、富良野市に住む倉本聰(くらもとそう)さん(77)は多くのテレビドラマや芝居を発表してきた脚本家です。作品にはいつも、時代へのメッセージが込められていました。
原文を読んで頂ければ、分かりますが、小学生向けの新聞で平仮名を混ぜながら書いてあります。
新聞も毎日小学生新聞です。

管理人が思うのは。
子供が、有名な脚本家が。

『原発事故は天罰』

と書いてあるのを見て、どう思うかと言う点です。

ついに天罰が来たか

昨年の東日本大震災で本当に電気がない暮らしが 現実のこととなったでしょう。別にそれを予期していたわけではないんですが、原発事故が発生した時は、『ついに天罰が来たか』と思いましたね。あまりにも豊かになり、その生活にダレ切ってしまった日本社会よ、大丈夫かと。『北の国から』は、今思えば何か偉大なモノーーサムシンググレートーーに書かされたんじゃないか。そういう気がしています」 

天罰なんて言っていますが、被災者は何か悪い事をしたと考えているのでしょうか?
福島の数十万人の人が避難している訳です。

何を考えているのでしょうか?

こんな気持ちで、脱原発パレードに参加されるのなら、迷惑だと思う方も多いのではないでしょうか。北の国からは、人気作品かもしれないですが、この発言は最悪ですね。

韓国人記者 東日本大震災は天罰 またおこるだろう 内容が酷すぎる 2012/08/19

石原都知事や、韓国人記者と同じような発言です。すぐに訂正すべきですね。

関連記事・:


2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

人間に言ってるのでしょ?

って、さすがに1年も経つと被災者に言ってるのではない事は分かりますよね

Portirland Portirland さんのコメント...

>匿名さん
匿名さん、こんにちは^^

人間に行ってるんなら、あかんね。
石原都知事(当時)が言ったのと、変わらないレベルになっちゃう。

年配の人で信心深い人は、いますしね。

最近の記事も是非どうぞ