ガイア パチンコ大手が脱税40億円

パチンコ大手のガイアが脱税40億円行っていたことが判明しました。マスメディアが所得隠しと報道していることが気になったので紹介。どう見ても、一般的に言う脱税ではないのでしょうか?


▲パチンコ大手 40億円の所得隠し指摘7月9日 11時38分
 全国チェーンのパチンコ大手「ガイア」の企業グループが、従業員の給与を水増しするなどしていたとして、東京国税局から合わせて40億円の所得隠しを指摘され、およそ10億円を追徴課税されていたことが、関係者への取材で分かりました。

パチンコ大手のガイアが40億円所得隠しを指摘され、10億円を追徴課税されました。つまり、脱税と認定されていますがメディアは書かないですね。よく見ると、企業グループとなっています。


 所得隠しを指摘されたのは、東京・中央区に本社があるパチンコ大手の「ガイア」の企業グループです。

関係者によりますと、このグループでは従業員の給与を水増ししたり、役員の個人的な支払いを経費に計上したりしていたということで、東京国税局は、意図的な経費の水増しがあったと判断したということです。

役員の個人的な支払いは、経費を会社につけていたということなのでしょうか?従業員の給与水増しについては、従業員に知らせずにこっそりやっていたということなのでしょうか。


このため、ガイアの本社やグループ企業およそ20社に対して、合わせて40億円の所得隠しを指摘し、重加算税を含めておよそ10億円を追徴課税しました。
これについてガイアは、「定期的な税務調査は受けていますが、お答えする内容はありません」と話しています。
報道を見ると、ガイア本社に加えて、グループ約20社で行われており、脱税がグループぐるみでおこなわれていることが分かります。



ガイアは、全国に200店舗近いパチンコホールを展開する業界の大手で、ことし5月までの1年間の売り上げは4130億円に上っています。
脱税するのは、儲かっているからなのでしょう。全国に200店舗、売上4130億円ということは、単純計算で1店舗20億円の売上があることになります。

さて、報道では申告漏れとされていますが管理人は、脱税という表現でいいと思います。

▲脱税Wiki
脱税(だつぜい)とは、納税義務がある、と見なされている人が、その義務の履行を怠り、納税額の一部あるいは全部をのがれることである[1]。


いわゆる「申告漏れ」「所得隠し」について

ただし、仮に本人に税金逃れの意図があったとしても、単純ミスか意図的なものかが一見区別できない程度の行為であった場合は「申告漏れ」として処理されるケースが多い。このようなケースでは「脱税しました」という自白を伴わない限り脱税を立証することが容易でないからである。
今回の事例であれば、従業員の給与水増しで所得を隠している訳ですので、どう見ても「意図的なもの」で、脱税ですね。管理人は、広告掲載の関係で所得隠しとメディアは報じていると判断しました。増税するなら、パチンコ屋から増税すればいいのにと、管理人は思っています。脱税日本一の業種パチンコ15年連続であり、お金はあるようですね。

関連記事・:


4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ネトウヨ理論によるとパチンコなど在日企業は
国税局との取り決めで事実上税金を免除されてるんじゃなかったけ。
またネトウヨの捏造が暴かれたってことだなこれは。

Portirland さんのコメント...

>匿名さん。
そんなのあったの?
さすがに決算黒字だったら税金免除はないんじゃないかなぁ。

違いますかね?

匿名 さんのコメント...

ネトウヨ連呼してる馬鹿の妄想だよ

Portirland Portirland さんのコメント...

税金払わないのは、さすがにあるのかなぁとは思うかな。
店舗の土地を購入したりしたら、固定資産税も必要になると思うから。

最近の記事も是非どうぞ