福島のたばこ農家が、2012年度にJTと購買契約を結んでいる。




シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加


正直、驚きました。まだ作るのかと。




 JT(日本たばこ産業)と2012(平成24)年度に購買契約を結んだ県内の葉タバコ農家は本年度の約半数となったことが23日、分かった。12年度の契約数は494戸で、本年度の1175戸から大きく減った。
 東京電力福島第1原発事故の影響により、多くの農家が廃作したのが主な要因とみられる。県たばこ耕作組合は、昨年4月に葉タバコの全面的な作付けの見合わせを決め、本年度の作付けはしていない。

正直、まだ作付けするのかと驚きました。
福島県外で十分な汚染が確認がされているにも関らずです。



2011-10-28 00:21:39 | 福島第一原発

 JTによるタバコの葉の放射能調査の結果をみました。もう、放射能タバコと命名することにしました。数十Bq/kgから数百Bq/kg、合算でセシウムをタバコの葉は含んでいるようです。那須塩原の葉は、389Bq/kg 、那須町338Bq/kg、白河や日光の葉は201Bq/kg。宮城県、茨城県、群馬県、栃木県のタバコの葉の産地は軒並みやられています。しかも、こうした葉を煙をつけて吸い込むことで、肺に直接放射性物質が入り込みます。こんなものを吸おうとしている人たちがいることが、まったく理解不能です。

福島県外でも、ホットスポットでこれだけ高い値の放射性物質が検出されています。
なぜ、わざわざ作付けするのか理解ができません。

親族に喫煙者がいて、吸引する方がいることも容易に想像がつきます。
なんで、JTは買い取ろうとするのか、農家は作付けしようとするのか。私には理解不能です。




シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事・:


4 件のコメント:

うっぴー さんのコメント...

JTは、殺人加担会社と見なされてもしかたがないですね。
福島県を筆頭に高線量地帯に人がとどまっている限り、農産物は作られ日本の全国民を被曝させる。
現政権を倒して、舵を切ってくれる政権を擁立するしかない。

Portirland さんのコメント...

>うっぴーさん

どうしようもない会社ですよね。
高線量地域にどうしても住みたいなら地産地消も自由ですけど、核廃棄物を撒き散らされるのは、迷惑ですよね。
まして、食べて被曝運動を率先されると、うんざりです。

日本を、いい方向にかえていきましょう。

匿名 さんのコメント...

もともとタバコには放射性ポロニウムが入っているのだから、福島産の葉タバコを入れても大して変わらないだろう。

Portirland さんのコメント...

>匿名さん
安全だったらセシウムの基準は作っていない。
ポロニウムが入っていようが、基準があるのだから問題あり。

最近の記事も是非どうぞ