大津いじめ被害者の生活 事件数日前の心の叫び『おばあちゃん、ボクなぁ、死にたいねん』

大津いじめ被害者の当時の生活を表したものです。事件数日前に祖母に泣きつきながら『おばあちゃん、ボクなぁ、死にたいねん』。限界だったのでしょう。


家族の前では元気に振舞っていた


NEWSポストセブン 7/14 16:00 ※女性セブン2012年7月26日号
 滋賀県大津市で昨年10月、いじめが原因で自●した当時中学2年生だったAくん(享年13)。Aくんは、いじめに遭っていることを一切口に出さず、家族の前ではむしろ元気に振る舞っていた。卓球部の試合があると、「今日頑張ったんやで」と得意げに家族に話していたという。
いじめを隠そうと、一生懸命な少年の姿が目に浮かびます。心配をさせずにいようとしたのでしょう。

加害者の恐喝の実体

 昨年の夏休みが終わったころから、突然、Aくんは仲良しグループの生徒たちからいじめられるようになり、やがて金銭も要求されるようになっていったという。初めは、自分の口座からお金を引き出し、いじめた生徒たちに渡していた。次第にAくんの口座も底がつき、今度は、祖父母の家からお金を盗んで渡していたという。

夏休み明けから恐喝されており、自分の貯金が底をついて、祖父母の家からお金を盗まざるを得ない状況に追い込まれていたようです。

▲大津いじめ被害者少年の日常 祖父母への手紙とその背景が泣ける『おじいちゃん、おばあちゃん、お金を盗ってごめんなさい。』
初めは、自分の口座からお金を引き出し、いじめた生徒たちに渡していた。額は12万円以上にも及ぶ。
中学生の少ない手持ち資金に徹底的にたかった、加害者の姿が浮かびますね。少年が、家族に打ち明けず自分の心にとどめたのを表したのが下記の内容。
おじいちゃん、おばあちゃん、お金を盗ってごめんなさい。僕は悪い友達とは付き合っていません
どういった気持ちだったのでしょうか。

カエルを食べさせられた 激しい下痢

 しかし、思い返せば、いじめの被害に遭っていた痕跡はお金以外にもあったという。

「“蜂を食べさせられていた”とアンケートにあったそうですが、実際にはカエルまで食べさせられていたみたいです。あるとき、親戚の家に遊びに行ったとき、もうすごい下痢をしたみたいで…。きっと変なものを食べさせられたから、お腹を壊したんでしょうね…」(前出・知人)
蜂やカエルを食べさせらていたなど、想像もつきません。蜂などアレルギー反応で死ぬ人もいるのではないでしょうか。

ボロボロになったメガネ

 さらに、この知人が言葉を詰まらせながら続ける。

「メガネのフレームが壊れていたときがあったそうです。“メガネ、どうしたん?”って聞いても、“ちょっとコケただけや”って答えるだけだったらしくて…。周りに心配かけまいとしたんでしょうね。本当に優しい子でした」
壊れたメガネにコケただけと話す被害者。言いづらかったのでしょう。

鼻水を垂らしながら、祖母に泣きついた

 家族や友達にも相談できぬまま、徐々に生きる希望を失い、“死”を真剣に覚悟するようになっていったAくん。祖母に一度だけ、理由もいわずに本音をさらけ出したことがあったという。

鼻水を垂らしながら、おばあちゃんにしがみついて、“おばあちゃん、ボクなぁ、死にたいねん…”って泣きついたそうです」(前出・知人)

 その数日後、Aくんは自ら命を絶った。
加害者の犯罪行為の数々に少年も限界だったのでしょう。

父親の後悔

「遺体は傷もなくて、きれいだったと聞いてます…。本当に安らかな顔をしていて、ようやく苦しみから抜け出して、ほっとしたような表情だったそうです。お父さんは冷静さは保っていますが、やっぱりショックでショックで仕方ないんです。“あのとき、こうしておけば…気づいてあげていれば…”なんてことを何度も何度もこぼしてましたよ」(前出・知人)
被害者のご家族は、後悔されているようです。そのご家族に対する学校側の仕打ちは到底考えられないものでした。

教師達と学校の隠蔽

全員がいじめを認識していないと回答

▲大津市立皇子山中学校の先生全員がいじめ隠蔽と判明
男子生徒へのいじめを「認識していた」と答えた教師は1人もいなかったことがわかりました。

事件前にいじめを認識していた 

▲大津いじめ 皇子山中学校先生が事件6日前の対策会議を隠蔽
自●6日前の昨年10月5日、生徒がけんかをしたり他の生徒から「いじめを受けている」という情報が教師に2度寄せられたりしたことを受け、担任らが対応策を考える会議を開いていた

転出済みの教員 

▲大津いじめ 皇子山中学校先生名前と転出先 森山進担任以外に10名
上記の先生方は、転出先で前任校では、何事もなかったかのように授業をしているのでしょうね。こんな先生方に教わりたくないものですが、犯人隠匿の犯罪を犯した教師が普通に授業を行っているとは恐ろしいものです。

関連記事・:


2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

記事を見るたび胸がはりさけそうになります。
私もいじめの加害者であり被害者にもなりました。
経験してこんなに辛いものなのかと初めて被害者の気持ちがわかりました
女子だったので暴力はありませんでしたが、死にたくなったことは何度もありますが、この子の辛さには足元にも及びません。
こういう子にこそ生きてて欲しかったです。
でもやっと安らかになれたんだと思うと、涙が止まらないです。

Portirland さんのコメント...

>匿名さん
あの何とも、言えない孤独感てありますよね。この事件、かなりしつこく追っかけてるつもりなのですが、何事もないフリをして笑うとか凄く気分分かります。

家族を攻める方もいるようですが、私は少年が家族にばれないように懸命であったのかなぁと思っています。

最近の記事も是非どうぞ