CIA副長官の議会証言。FacebookはCIAの夢をかなえた!




シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加


やっぱなぁという感想です。
嫌やわぁ、Facebookは!

そして、日本の報道が礼賛を続けているのが、気持ち悪いですね。

<追記>
番組自体もコメディーです。何人かの方に教えて頂きましたm(_ _)m。失礼しました。
コメディーとして、見て下さい。

ちょっと古い記事ですが。twitterで回ってきました。

The Onion: Facebook "Is Truly A Dream Come True For The CIA" (Video)

>フェースブックは、CIAの夢をかなえた(ビデオ)




You did know that Facebook is a ‘massive online surveillance program run by the CIA,” right? And that Mark Zuckerberg is a CIA agent codenamed the Overlord? Just watch the Onion video above. It explains the whole thing.


あなたは、Facebookが、CIAによって実行されている大規模なオンライン監視プログラムであることを知っていましたか?そして、そのマーク・ザッカーバーグ(フェースブックCEO)はオーバーロードのコードネームのCIAのエージェントですか?オニオンビデオがそれを、全部説明しています。


I especially like the Congressional “testimony” from the deputy CIA director:
私は特にCIA副長官の議会 "証言"が好きです。


After years of secretly monitoring the public, we were astounded so many people would willingly publicize where they live, their religious and political views, an alphabetized list of all their friends, personal emails addresses, phone numbers, hundreds of photos of themselves, and even status updates about what they were doing moment to moment. It is truly a dream come true for the CIA.


ひそかな公的監視から1年後、私たちは多くの人々が喜んで、彼らの宗教や政治的見解、友人全員のアルファベット順のリスト、個人の電子メールアドレス、電話番号、自分自身の何百もの写真、さらには瞬間に瞬間に何をしていたかについてのステータスが更新されることにびっくりした。フェースブックは、本当にCIAの夢をかなえた

同時に、Facebookのおかげで、今まで個人情報収集のために、CIAが費やしていた予算を劇的に削減できたとも記されています。

動画見れないなぁと、思ったら別のがありました(中に同じ事を言っている議会証言があります)。




皮肉なのは、この記事を紹介している先が、Facebookのいいねが、7000以上もついていること!
いろんな意味で、Facebook恐るべし。

トップが、CIAのスパイかどうかは別にして恐るべし(前から言われてるけども・・・)。

匿名だと卑怯もの、とか言ってる人に騙されてはダメですよ(笑)。
有名人は、そもそも監視されてる訳ですので、普通の市民は別の話です。

上記記事が、2011年の3月21日ですから、証言した日はそれ以前です。
少なくとも、株式上場の邪魔はしていないと見るのが妥当でしょう。

(この時点での支援の有無は、既に会社が十分に成長しているので別として)





意図的かは不明ですが、ちゃんと調べずに火消しみたいな人がでるのも面白いですね(笑)。
↓↓↓
Facebook大成功は「CIAの陰謀」説が浮上 予備

<追記>こんな動画もあります

<追記>番組自体もコメディーです。





ジ・オニオンWiki


ジ・オニオン (英語: The Onion) は、米国の風刺報道機関。米国内外および各地域の風刺的なニュースを発信し、また娯楽紙およびウェブサイトの「The A.V. Club(英語版)」も提供している。公称では、米国内の発行部数は690,000部、ウェブサイト読者の61パーセントが18-44歳である[2]。2007年より「ジ・オニオン・ニューズ・ネットワーク」(Onion News Network) として、オンラインでの音声と映像による風刺ニュース公開も行っている[4]。
『ジ・オニオン』の記事は、伝統的な新聞のパロディの形を取っており、社説、街頭インタビュー(英語版)、株式市況を掲載し、伝統的な新聞のレイアウトにAP通信風の論説欄を持つ。掲載されるユーモア記事のほとんどは、ニュース種になるような日々の事件に基づいているか、よく使われる言い回しのもじり (たとえば見出しを “Drugs Win Drug War”〔麻薬との戦い 麻薬が制する〕にするなど) である。
残りの紙面は風刺的でない娯楽面「The A.V. Club」である。さまざまな新刊メディアのインタビューやレビュー、その週の特集を伝える。印刷版は、発行される地域のレストラン評やライブの予告も掲載する。「The A.V. Club」のオンライン版には独自の連載、ブログ、読者会議室がある。オンライン版は『ジ・オニオン』とは独立したドメイン名を持つ。










シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事・:


5 件のコメント:

りどわんこ さんのコメント...

The Onionはコメディー番組やで。

Portirland さんのコメント...

>りどわんこさん。
うん。他の人も言ってた(笑)

匿名 さんのコメント...

ずいぶんと古いニュースですけどソースがオニオンなのは承知の上での投稿ですよね?
http://www.theonion.com/video/cias-facebook-program-dramatically-cut-agencys-cos,19753/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%B3

Portirland さんのコメント...

>匿名さん
ご指摘深謝。上記コメント及び追記の通りです。

Portirland さんのコメント...

>匿名さん。
ソース深謝です。追記します。

最近の記事も是非どうぞ